電子ピアノ運搬のお値段は?業者に依頼するメリットとデメリット

2024年3月22日

電子ピアノはアコースティックピアノと比較して小型ですが、なかなかの大きさです。
また、重さも結構あり、おうちの中で移動させるのも一苦労だと思います。

引っ越しや実家から現在のお住まいに移動させる場合などは、どう運搬すればよいでしょうか?

グランドピアノやアップライトピアノは、置き場所を変えると調律が必要になったり、
場合によっては調律しても元の音に戻らないこともあります。

そのため、移動する場合はピアノ運搬専門業者にお願いした方がよいでしょう

一方、電子ピアノは電子機器なので移動しても音の変化は基本的にないと考えられます。
そのため、グランドピアノ等と比べて幅広い運搬方法があります。

電子ピアノの運搬方法とは・・・

①引っ越し業者に頼む
②運送会社に頼む
③宅配業者に頼む
④ピアノ運搬専門業者に頼む
⑤赤帽に頼む

などの方法があります。
それぞれについてみていきます。

電子ピアノはどう移動するが最適?運搬方法まとめ

上記で上げている電子ピアノ運搬方法
5点について、もっと詳しく掘り下げてみて行きましょう♪

引っ越し業者に頼む

引っ越しに伴ってピアノを移動される場合は、引っ越し業者にお願いするのもいいでしょう

グランドピアノ等の移動に弱いピアノの場合は基本的に引っ越し業者は運んでくれません。
引っ越しの荷物にそのようなピアノがある場合、引っ越し業者が専門業者に頼むようです。

一方、電子ピアノの場合は、他の大型の荷物と同様に養生してトラックで運ぶようです
普通の荷物と同じように運ぶ場合、特別な料金はかからないといっていいでしょう

運送会社に頼む

運送会社の引っ越しパックなどを活用する方法もあります。

たとえば、福山通運の「ミニミニ引越しサービス」では、同一地方内の場合、
4000円前後で電子ピアノを運搬してもらえた方がいらっしゃいます

運送会社であれば、安全性重視で運んでもらえるのもポイント高いです

宅配業者に頼む

サイズが大きいため、普通の宅急便は対応していないかもしれませんが、
たとえばヤマト運輸が提供している「らくらく家財宅急便」では、
梱包から設置までを家具一個から行ってくれます

料金は荷物の大きさと距離で決まります。
例えば、道東から東京までの場合の料金は、下記となっています。

メモ


Aランク(三辺の長さの和が160cmまで) 3700円
Cランク(三辺の長さの和が250cmまで) 11750円
Eランク(三辺の長さの和が350cmまで) 26750円 

ヤマト便でも大きい荷物の運搬を行っていますが、
そちらは梱包や設置などを行ってないので、
らくらく家財宅急便の方がおすすめです。

ピアノ運搬専門業者に頼む

専門業者の場合、ピアノの扱いに慣れていて、丁寧に扱ってもらえます。
また、一時保管サービスなども行っている業者がほとんどです。

ある業者の場合、目安として下記料金になっています。

メモ


敷地内移動 6000円
~30km 12000円
30~50km 16000円
100km以上25000円 

専門業者に頼む場合は、引っ越しのように訪問見積もり等を行うことが多いです。

ピアノ知識豊富で安心して任せる事が出来ます

赤帽に頼む

赤帽は軽貨物自動車を使用した荷物の運搬などを行っています

名古屋市内での移動の場合、下記内容となっています。

メモ


30kgまでは 4720円
31~50kgまでは6480円~
51~80kgまでは7560円~
81kg以上は8640~10800円 (一階から一階への移動の場合)

また、赤帽は基本的に作業員が一人(運転手兼)なので、作業を手伝う必要がある場合も

サービスが充実しているとは言えないかもしれませんが、
引っ越しを伴わない移動の場合は、赤帽に頼むのが一番安いかもしれません。

赤帽さんも意外と評判が良くてお勧めなのです♪

運搬を楽にするために気を付けること

電子ピアノの場合、分解できるものがほとんどだと思います。
特に宅急便や運送会社に頼む場合は、本体とスタンドを分解できると、
小さく梱包でき、費用が安く抑えられます

また、購入した際の箱があると梱包が簡単です。

自分で運ぼうとされている方

スタンドを外して梱包できるのなら、業者に頼まなくても自分の車等で運べるのでは?
と思った方もいると思います。

なかなか重いので体力に自信がない方にはおすすめできません。
また、ご自分の車で運ばれる場合、ミニバンではかなりきついようです

ワンボックスならば可能なのでは?という意見もありますので、節約したい方で、
大きな車をお持ちの方は検討されてもいいかもしれません。

結論-まとめ-

運搬費用を節約する為、自力で運ぶ方も居るようですが...
やはり体力的な面での消費が凄かったり、最悪の場合としてピアノが傷ついてしまう場合も...。
個人的には、やはり業者にお願いして運んでもらうのは一番良いと思います。

赤帽やピアノ運搬専門業者は比較的お値段が安めに設定されているので
そういったサービスを利用していくのが、一番安全だと感じます。

こちらの記事では、運搬費用を含めご紹介させていただいておりますので、
上記内容を参考に、安全にそしてお安く運搬できればと思います♪

-荷物運搬の豆知識