【SWELL】内部リンクの設置方法!お洒落で目立つオススメの設定を紹介!

2024年3月22日

WordPressブログテーマであるSWELL
全体的にシンプルかつお洒落な雰囲気となっており、
最新のブロックエディタを搭載したWPテーマとなっております。

そんなSWELLテーマを利用した内部リンクの設置方法をご紹介します。

また、内部リンク設置にあたり、お洒落で目立つオススメ設定や
内部リンクを可視化するツールなども併せてご紹介させていただきます。

そもそも内部リンクとは?設置する意味あるの?

内部リンクが大事って聞くけど、どういう意味なんだろう...
そう思っている方も多いのではないでしょうか。

内部リンクとは・・・

自サイト内を繋ぐリンクの事を言います。逆に外部サイトに流すリンクを外部リンクとも言い、内部リンクは自身のサイト内でリンクを繋いで流すことを内部リンクと言います。

内部リンクの利点としては、SEO効果が高いという点になります。
当然ながら関連していない内容の内部リンクはあまり意味を成しませんが、
関連している内容にリンク出来ていた場合、ユーザーの滞在時間増加、問題解決に繋がります。

ブロガーにとって悲しい事としては、
せっかく調べてくれたにも関わらず、問題解決に至れず、
他サイトに移動してしまう事だと思います。

ユーザーの滞在時間が減少、問題解決に至れず再訪問が減少。
そうならない為にも、情報を充実させ、内部リンクを増やすのが効果的とされています。

SWELLでお勧めの内部リンク設置方法

WordPressブログテーマであるSWELLでは、
関連記事のブロックを使用することでお洒落なリンクを作成できます。

予め、リンクしたい記事のURLをコピーしておく事をオススメします。
※難しい場合は、リンクタブからキーワード検索も可能です!

SWELLで用意されている、内部リンクデザインは
下記3通りになります。

デフォルトデザインになります。左側にアイキャッチ画像が入り、一番見栄えが良いです。
説明文も少しだけ入るので、クリックしなくても内容が把握できるデザインです。

スリムデザインになります。画像や説明文を省いたシンプルなリンクです。
個人的に、内部リンクデザインの中で一番クリック数が少ない印象...。
補足みたいな軽いリンクとして載せるなら良いかもですね☆

内部リンクの代表格ともいえる、青文字リンクになります。
デザイン性でいえば、デフォルトが一番オススメになりますが、
パッと目に入ってくる青文字リンクは効果的でお勧めになります。

効果的な内部リンクの設置方法ってどこ?

内部リンク設置場所の正解はありませんが...
目次部分や記事の最後に流すのが一番効果的とされています。

目次部分に追加する際は、過去記事のおさらいとして。
記載すると話の流れとして不自然ではなく、ユーザーとしても使い勝手が良いです。

記事の最後は、一番定番の位置になりますが、
追加でこれを読むと良いよ!という記事を載せておくと
ユーザーの滞在時間が伸びます。

まとめ

以上。SWELLテーマを活用した内部リンクの設置方法をご紹介しました。

今回、ご紹介した内部リンクの他にも外部リンクも重要視されており、
内部も外部もしっかり作りこまれたブログというのが評価高いようですので
また、外部リンクについてまとめた記事を更新致します。

SWELLテーマを利用している方は、上記を参考に
内容の濃いブログ記事作成を頑張りましょう(*'▽')/

 

-ブログ運営の教科書